41
Share
ショコママの記録

今日の保健室(3月25日)低気圧

こんにちは。
今日も朝からバタバタでした。

なんか低気圧が来てるのかな~という時は体調を崩す子が多くて大変です。
明日は雨のようですね。咳が出ていたりするとネフライザーや薬。
下痢があればお薬やあっち拭いたりこっち拭いたり消毒したり(ToT)

今日はマリモが撃沈でした。昨日辺りから不調でご飯を全然食べません。
下痢をするわけでもないし、咳をするわけでもないのですが、元気がない(ToT)
成犬で1.3キロ程度のマリモは低気圧が来ると撃沈すること多々有りです。
今日は酸素室に入れて復活を祈っております。

今日はこにょもイマイチ元気がないので酸素室2台使ってます(^_^;)

低気圧は体調の悪い子にとっては恐怖の時、とても怖いんですよ。
過去に水頭症や心臓病の子が低気圧、特に台風などの前後に亡くなりましたからね。
だから、低気圧が来る、特にうんと大きい低気圧が来るぞー、という際は臨戦態勢です。

酸素室で使ってる酸素濃縮器ですが、一応24時間使えるタイプを買ってますが、それでもずっと24時間使ってるとだいぶお疲れになってきます。
こにょも日中は外に出てることが多いので、その際はお休み頂くのですが、ちょっとでもこにょに不調のサインが見えたら即入れられるように早めにスイッチを入れます。
フルで使ってるせいか、そろそろメンテナンスというか中のフィルターを替えないとならないようです。
酸素濃度を測るのですが、イマイチ上がりが宜しくない。
交換だけで5万近くするのですが、買うと15万くらいするので交換ですね~。

でも、2台同時に使うって、一般のご家庭では考えられないですよね。
酸素室を使ってどうなの?と思われるかもしれませんが、ショコママは酸素室での効果大いにアリだと思います。

やはりね、酸素室に入れると調子が良いです。
マリモは超虚弱体質のベビーだったので、1才まで持つかどうかと言われていたんですよ。
おそらく酸素室が無かったらこの世には居ないと思われます。
ベビーの頃は酸素室にいる事が多く、出すとゼイゼイ。抱っこするとゼイゼイ。
ご飯は食べない、すぐに低血糖。退院してきて数日で元気消失。又入院。何度死にそうになったか。

病院に行く度に感染症と言われ、家と病院を行ったり来たり。月の半分は入院していたと思います。
何が感染症なのかは分かりませんが、要するに体力もない、免疫力もないのでなんでも悪いものをもらってしまったのでしょう。1才までワクチン打てなかったですからね、ずっと血液検査の結果が悪くて。

入院する度に「覚悟はしておいてください」とか言われ、何度泣いたか。
そんなマリモも虚弱ながらも5才くらい。よくここまで生きてくれたと思ってます。
マリモが酸素室から出たい、出たいと騒ぐようになってきて、それが1才過ぎだったと思いますが、その頃から随分と
体力がついてきたと思います。

なので、酸素室って結構いいのだ、という印象がショコママにはあります。
心臓が悪い子だけでなくね。あと、ご飯もずっと手作りでした。

まだまだ若いので長生きして欲しいので、たまにリフレッシュのため酸素室に入ってもらいます。

とにかくですね、保健室に居るわんこの多くは何らかの疾患を持ってます。
軽い障害があるとか、紅君のようにチェリーアイがあるとか、そんなのは問題外です。
心臓、肝臓、消化器、神経系、癌(リンパ腫)など色々と(ToT)難関な子を保健室では抱えてますので、内外からケアしてあげないと長生きできません。
ご飯もその一つ。
ショコママは医療行為は出来ないので、何とか頑張れるのはご飯ですね。

昨日の夜も遅くまでご飯の下準備をしてましたよ。
作ったのはジビエ・・鹿肉を茹でた後、ノンフライヤーで半乾燥させました。
白っぽいのは麹パウダーです。
わんこの為の腸活で発酵食品をどう使えるかな、と思っていたのですが、ふと思いついたのが麹パウダーです。
一般の麹より簡単に使えます。

色々使ってみてレポートしますね。
鹿肉は茹でただけだと意外に人気がないのですが(保健室の子には)
それをノンフライヤーで半乾燥すると大人気。ジャーキーになるからですね。
それに麹パウダーをまぶしました。

写真、ちょっとボケたな(笑)
茹でた野菜にもまぶしてみます。今のところ、みんなお腹は落ち着いてますが、腸活は大事ですからね。

リンパ腫の白金さんも頑張ってますよ。
ものすごい血便で、もう、駄目だね~と何回思ったことでしょう。
でも又復活して良い💩になったりするんです。
生命力があるんですね~。

下の写真の右側のチワワ、最初ベビーのこうちゃん(柑子)かと思いましたが
平くんでした。

そっくりでパッと見、間違えます。
隣はご飯をなかなか食べないくうちゃん(朽葉色)です。
名前を覚える時に「ご飯を食わないのにくうちゃん」と覚えました(笑)

皆小さくて可愛いけど、小さな子はやはり弱いこと多いですね。
安心感のあるサイズの子だと、ちょっと病気をしても、食べなくても、
そう簡単に死にはしないと思えますが、極小だと下手すると低血糖とかで
死にますからね。怖い怖い(ToT)

さて、色々やることあるので、又次回。
そろそろご飯の下準備かな~。


こちらは⇒ショコママの2023年11月までの活動記録です。

ボランティア募集もしております⇒ボランティア募集

※子犬用、成犬用のウェットフードをご支援頂けると助かります。

● 日本ブログ村のランキングに参加しています。

みんな幸せになって欲しい…と思って下さる方は、それぞれの画像をポチッとお願いします!
ポチッとしたら、それぞれのランキング順位が見れます。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ